アクアリウムが健康に良い?アクアリウムセラピーで心と身体が癒される

こんにちは。しょぼいサラリーマンの豆作(マメサク)です。

アクアリウムってなんか癒されるー。

・・・なんだろう、時間を忘れてずっと水槽を眺めていられる。

・・・なんだろう、少しずつ心が修復されていく。

・・・なんだろう、大自然の中にいるみたいだ。

 

・・・あれ? 少し体が心が楽になってやしないか?

 

もしかしてアクアリウムって何らかの健康効果があるんじゃないのか?

と、思った方がこの記事を読みにきてくださっているのだと思います。

ありがとうございます。

 

アクアリウム始めました

この水槽の写真は僕が最近立ち上げた水槽です。

小さい水槽で閑散とした環境です。

そんなに大きな水槽を維持することはできないので、40cmの水槽です。

それでも、もっと水草や流木、岩石などを綺麗にレイアウトして小さいながらにも大自然の一部を切り取ったかのような水槽にしたいと思っています。

これから、構想を練りながら時間をかけて作り上げていきたいです。

とりあえず、手始めにということで、一週間かけて水を慣らしてから、今日からネオンテトラとレッドビーシュリンプというエビを飼い始めました。

アクアリウム自体は学生の頃に夢中になってやっていましたので、久しぶりの感覚です。

今はもういい歳なので、学生の頃に比べると少しは金銭面でも頑張れるところもあるので、CO2 を添加する水草水槽に挑戦してみたいと思っています。

今はこんな閑散とした水槽ですが、それでも眺めているだけで心が癒されていることを感じます。

 

実は、アクアリウムは健康に良いのです

「やっぱり!?」と、思われましたか?

そうです。

これは事実です。

前述に「水槽を眺めているだけで心が癒されている」と書きましたが、これが答えです。

なんだ、お前の意見かーい。

ちがいます。

ちゃんと理由があります。

カリフォルニア大学の研究で「ある感情」を体験した回数の多い学生さんほど、心理的な不安や体内の炎症レベルが低かったという結果があるそうです。

その「ある感情」とは、「畏敬の念」なのだそうです。

「畏敬の念」とは、大自然や神、芸術、偉人などに対して自然に心が浮かぶ気持ちのことを言います。

さらに、「畏敬」には他にも不思議な効果がたくさんあるようで、「畏敬の念」を感じると人生の満足度が上がったり、チャリティ寄付を行う気持ちになったり、時間の感覚が長くなったり、親切な行いが増えたり、目の前の欲望にも打ち勝つことができるようになったりするという研究結果もあるそうです。

科学が今、「畏敬の念」に注目しているようです。

とにかく、「畏敬の念」を感じると、身体の炎症が抑えられ精神にも安定をもたらすということですね。

アクアリウムには「水」、「植物」、「生物」の三つの自然要素があり、それらが調和することで大自然の一部を感じることができます。

アクアリウムは「目」で自然を見て、「耳」で水の音を感じて、生き物を愛でる「心」を養うことで「畏敬の念」に触れることができると思っています。

僕は水槽の前に座ってボーッと眺めているだけで「畏敬の念」を感じまくりです。

 

おわりに

生き物を飼う以上、飼い主として責任を持ってしっかりとお世話をしていきたいと思います。

そして、アクアリウムを通して心と身体を健康にしていきたいと思います。

また、「これだ!」って思えるような水槽になりましたら投稿したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました