【レビュー】口コミで高評価のエアウィーヴの枕を購入して体験!最初はビックリしたけど想像以上に良かった

こんにちは。長年の悩みが解消するかもしれない睡眠体験をしている最中のしょぼいサラリーマンの豆作(マメサク)です。

高い買い物で「あぁぁ、失敗した~」って経験は誰しもがありますよね。

このエアウィーヴピローの記事を見てくださっているということは、今までに高価な枕で何度か失敗しているのではないでしょうか?

豆作
豆作

心中お察し致します。

僕は、枕でマットレスが作れるんじゃないかというくらい失敗しています。

だから、やっぱり購入を悩んでいる時は、何か自分に適した情報がないかと【口コミ】が気になりますよね。

なので、この記事を読んでもらえればあなたは以下の状態になれます。

  • 気になる【口コミ】をまとめてみたので、みんなの意見が一気に分かる
  • 実際に使用している僕の使用感も参考にできる

それでは、よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

みんなの【口コミ】を紹介

ではさっそく、エアウィーヴピローに対するみんなの意見を紹介していきます。

まず、最初に総合評価として確認できたのは、

☆4.3

豆作
豆作

かなり高評価ですね!

【口コミ】はTwitter、Amazonレビュー、楽天レビューなどを調査しました。

【口コミ】の選出基準は、件数が多かったものと気になったものを独断と偏見で紹介します。

 

ポジティブな口コミ

  • 首、肩こりが解消した
  • 頭痛がなくなった
  • しっかりサポートされていることで眠りの質が良い方向に変化、いびきも減った
  • 寝返りがうちやすくなった
  • 通気性がよく、寝汗がなくなった
  • 暑くならない
  • 高さ調整ができるので自分に合った
  • 毎日この枕のおかげで熟睡している

などなど、たくさんの喜びのコメントが確認できました。

コメント数も、圧倒的にポジティブな意見が多かったですね。

これらのポジティブな【口コミ】については、僕も使用していて共感できます。

 

ネガティブな口コミ

  • 価格が高い
  • 硬すぎる
  • 値段の割には良さが見当たらない
  • 高さが足りない
  • 低い。追加でシートコアを入れられるようにしてほしかった
  • 高さ調整がうまくできなかった
  • 3ヶ月目で中央部だけ凹んできたので、頭が支えられている感じがしない
  • 枕の形状(ソフトタイプ)は真ん中部分に円形にただ穴が開いてくぼんでいるだけで、首の部分が他の部分よりも高くなっている。そのため首に変な力が加わり気道が圧迫される

やはり、価格に対する意見が多かったですね。

決して安い枕ではないことは間違いないです。

自分に合わなかった人からすれば、この値段はダメージが大きいですね。

高さが足りないという意見もチラホラ見受けられましたが、エアウィーヴピローの高さは 7〜11cmなので一般的に理想的な枕の高さだと言われている値です。

なので、高さが足りないという意見はどちらかと言えば特殊なケースなのかもしれませんね。

それほど多くはないですが、耐久性に不安といった意見もありました。

後述していますが、エアウィーヴピローには構造上の弱点がありますので、長く使用するためには大切に扱わないといけないといったデメリットがあります。

通常、枕の耐久年数は約3年と言われていますので、5年や10年なんてことは期待しない方が良さそうです。

一応、1年間のメーカー補償がついていますので、そこは安心ですね。

最後にご紹介した、「枕の形状で気道が圧迫される」については、これはなかなか深刻ですね。

(注意)これはエアウィーヴピロー ソフトにのみ当てはまる事象です。

豆作
豆作

これには僕も共感しました。

以下の写真を見てください。

【口コミ】に投稿した方が言っているのはこの部分のことだと思います。

段差が約3cmあります。

もちろん、この段差は頭を乗せることで適度につぶれて良い感じになることが想定されています。

メーカーさんからは「この段差が首をサポートするミソなんだぞ」と聞こえてきそうです。

おそらく、一般的にはそうなのだと思います。

でも、僕のように後頭部が断崖絶壁仕様の人にはちょっと圧迫感が強いです。

おそらく、【口コミ】に投稿した方も後頭部が断崖絶壁なのかもしれません。

豆作
豆作

後頭部が絶壁の人は要注意です!

そこで僕がとった対策は、「単純に表裏を反対にして使う」でした。

これだけで首の圧迫感がなくなり、しっかりサポートもされている感じです。

この事象は、形状が異なる「エアウィーヴピロー スタンダード」や「エアウィーヴピロー S-LINE」では起こらないと思います(種類については後述)

以上、さすがネガティブな意見でした。

ポジティブな意見に比べて具体的な内容のものがあってとても参考になりますね。

▼▼エアウィーヴの公式サイトはこちら▼▼

エアウィーヴ 公式サイト

 

▼▼楽天、Yahoo、Amazonはこちら▼▼

 

エアウィーブの枕ってどんな枕?

では、ここからはエアウィーヴピローについて押さえておきたいと思います。

 

エアウィーヴピローの構造

エアウィーヴピローの特徴はなんと言っても、中材にポリエチレン製の直径1mm程度の繊維を適度に積層した構造です。

繊維と繊維が空間を保ちつつ、荷重(この場合は頭の重さ)に対しては、沈み込み過ぎず、跳ね返し過ぎずの適度なバネ力を発生することでストレスのない寝返りを可能にしてくれます。

豆作
豆作

寝ているので本当にストレスなく寝返りしているのか確認のしようがありませんが・・・

さらに、その構造から枕の中身はほとんどが空間ということもあって、熱がこもりにくいことが特徴です。

最近の研究では、頭部の温度が下がることが良質な睡眠の条件なんだとか。

熱がこもりにくい理由のひとつにエアウィーヴピローは寝返りのたびに空気の入れ替えが発生している点が挙げられます。

次の図をみてください。

なんとなく、空気が入れ替わる原理が分かってもらえたのではないでしょうか。

豆作
豆作

えっ!?絵がヘタだから分かりにくいですか・・・まぁまぁ、そこはなんとか理解してください!

 

エアウィーヴピローの種類

エアウィーヴピローには以下の3種類のラインナップがあります。

エアウィーヴHPから引用 : https://sleep.airweave.jp
  • 枕は高めが好きで、しっかり支えられたい人は「スタンダード」を選べばOKです。
    サイズ:幅56×長さ40×高さ7〜11cm
  • 逆に低めが好きで、どちらかと言えば柔らかい方が好みなら「ソフト」が適しています。
    サイズ:幅56×長さ40×高さ7〜11cm
  • ちょっと高級な「S-LINE」は横向き寝が多く、寝返りを頻繁にする人に適しています。
    構造としては、中央部が柔らかく両側が硬く作られています。
    枕の沈み込みによって仰向けや横向きの際の首の高さが考慮されています。
    そのため、サイズも他と比べて少し大きいです(幅66×長さ40×高さ7〜11cm)。

この3種類の中からあなたに合ったものを選んでくださいというわけです。

豆作
豆作

僕は、ストレートネック+絶壁後頭部というスペックなのでやわらかめのエアウィーヴピロー ソフトにしました

 

洗える枕なので清潔

エアウィーヴピローは洗うことができます。

これは、まぁ有名ですね。

ほとんどの枕は洗うことができないので、これはエアウィーヴの大きな特徴です。

さて、そんなエアウィーヴピローの洗い方ですが簡単3ステップです。

  1. ピローカバーから中材を取り出す
  2. カバーは洗濯機へ
  3. 中材をシャワーで洗う

このように洗い方はとても簡単なのですが、枕を洗う時には絶対に忘れてはいけない注意事項があります。

それは中材を洗うときのことですが、以下に重要事項を示します。

  • 水または40度以下のぬるま湯で洗う
  • 洗剤は中性洗剤を薄めて使用する
  • 陰干しで乾かす

洗剤はともかくとして、特に重要なのが中材のポリエチレン製エアファイバーが熱に弱いということです。

中材が高温にさらされると縮んでしまったり変形してしまいます。

豆作
豆作

早く乾かしたいからといって、ドライヤーを使うなんて絶対にNGです!

とりあえず、この記事を読んでくださっている人は、まだエアウィーヴピロー購入前だと思いますので、この枕は「熱に弱い」とだけ認識してもらえればOKです。

 

返品できるなんて神対応

エアウィーヴピローを購入するにあたり、なによりもありがたいことが返品対応(注意事項あり)してくれるというところです。

枕とマットレスなんかは衛生商品的な扱いからなのか、返品不可というものが多いですよね。

安ければ、「まぁ仕方ないなぁ」って思えますが、これだけ高価なものになれば、泣き寝入りはしたくないですよね。

そんななか、このエアウィーヴピローは30日間なら返品対応してくれるという神対応です。

返品ができるという安心感のおかげで我々消費者は躊躇なく試すことができます。ありがとうございます。

豆作
豆作

ただし、注意事項があります!

「返品ができるのは公式サイトでの購入に限る」ということです。

エアウィーヴ楽天市場公式店やYahoo!店でも返品対応しているようです。

Amazonや実店舗での購入は対象外ですのでご注意を。

コストパフォーマンスを考えてみる

先述したように、ネガティブな口コミのひとつに「価格が高すぎる」といったものがありました。

確かに、価格だけをみてしまうと「えっ!?枕でこの値段?」という気持ちはよく分かります。

そこで、一日当たりの価格に換算してコストパフォーマンスを考えてみたいと思います。

ちなみに、一般的に枕の耐用年数は3年と言われていますので、今回は3年間使用するとして考えてみます。

すると、以下の表のような結果になりました。

このように視点を変えて考えてみると、一日数十円なら睡眠への投資としては悪くない価格のような気がしますね。

人生の約1/3が睡眠ということを思うと、睡眠への投資はしっかりと考えたいところです。

豆作
豆作

しかも、先述の通り30日間なら返品することができるので、もはやノーリスクの投資だと考えることもできます。

 

▼▼エアウィーヴピローの購入は公式サイトがおすすめ▼▼

エアウィーヴ 公式サイト

 

▼▼楽天、Yahoo、Amazonはこちら▼▼

 

実際に使用している感想

まずは、僕の身体的特徴を参考までに紹介しておきます。

  • 年齢 :30代後半
  • 性別 :男
  • 身長 :171cm
  • 体重 :65kg
  • 体型 :太くもないけど筋肉質でもない
  • 姿勢 :猫背、ストレートネック
  • 運動 :激しいスポーツはしていないがランニングをしている
  • その他:後頭部が絶壁
豆作
豆作

ごく一般的な体型です。

僕は、以前から首こりが悩みでひどい時は頭痛がするほどです。

枕が合っていないからなのか、体質のせいなのかは分かりませんが数年来の悩みです。

そんな僕はストレートネックということもあってか、低めの枕が好みでしたので、エアウィーヴピロー ソフトを購入しました。

もともと使っていた枕がニトリのホテル枕という「ふかふか」の枕でしたので、エアウィーヴに変えてから、以下の点でビックリするくらいの違いを体験しました。

  1. 今のところ体調が良い
  2. ものすごい反発力
  3. 寝返りが転がるようだ
  4. 入眠が早くなった
  5. 頭の痒みがマシになった
  6. ただの枕から箱入り枕になった

 

今のところ体調が良い

エアウィーヴに変えてから、朝から首が痛いとか頭痛があるといったことがなくなりました。

これはめっちゃ嬉しいです。

あと、寝起きも良くなりました。

枕を変える前までは、前日の疲れが取れていないからなのか、目が覚めてから起き上がるまでに「よいしょー」って気合いが必要でした。

それが、今は「スッ」っと起き上がれています。

これもめっちゃ嬉しいです。

日中は生来の姿勢の悪さのせいで、首も肩も凝りますけど・・・。枕でリセットできている・・・?

 

ものすごい反発力(ここは好き嫌いが分かれるところです)

僕が購入したのは、エアウィーヴピロー ソフトなので「どれくらい柔らかいのかな〜」なんて思っていましたが、めっちゃ反発します。

ちょっと笑えるくらい。

豆作
豆作

これは、ぜひ体験してみてほしいです!

ただ、この反発力が好きになれない人は必ずいると思います。

包み込まれるような感触が好きな人にはおすすめできません。

何を隠そう、僕は最初、「あっ・・・これは合わないかも」ってショックを受けたほどでした。

それでも数日寝ていると、僕の場合はこの反発が心地良くなってきました。

今ではこの反発が当たり前になっています。

感覚的には頭の重さと枕の反発力がちょうどいい高さで釣り合うことで、首から上だけ「無重力」といった感じです。笑

ごめんなさい。さすがに「無重力」はちょっとオーバーな言い方でしたが、この反発力のおかげで首への負担は軽減されていると感じています。

 

寝返りが転がるようだ

枕の上で頭がコロコロ転がるような感じで寝返りができます。

今までは、体や腰、あしを駆使して「よいしょ」って寝返りをしていたので、この違いにはビックリしました。

たぶんこれだけ楽だと腰への負担も軽減されているのだと思います。

 

入眠が早くなった

これは、頭部の温度が下がるというエアウィーヴピローの構造と特徴に共感しているので、プラシーボ効果が若干あるような気がしますが、本当に入眠が早くなりました。

プラシーボ効果だったとしても、それが事実なので問題なしです!!

 

頭の痒みがマシになった

これは、全く予想していなかった嬉しい効果でした。

なんだか最近、後頭部が「痒いな~」って思っていたのですが、何が原因なのか分かっていませんでした。

それが、エアウィーヴピローに変えてから改善されたのです。

振り返って考えてみると、これも「ふかふか」の枕を使っていたから蒸れていたんだなって気がつきました。

 

ただの枕から箱入り枕になった

今まで使っていた枕は、綿やらパイプやらソバ殻だったので、少々乱暴に扱っていても問題ありませんでした。

しかし、エアウィーヴはその構造から局所的な高荷重には弱い(例えば足で踏むとか)という弱点を持っています。

なので、エアウィーヴの周辺では細心の注意を払うようになりました。

これはちょっとストレスです。

 

おわりに

いかがだったでしょうか。

けっこう参考になったのではないでしょうか。

せっかく、この記事を読んでくださったのですから、慎重に検討してほしいなと思っています。

エアウィーヴピローに似た高反発の枕や逆に低反発の枕など他にも枕はたくさんありますからね。

もし、エアウィーヴを購入しようと決心されたのであれば、万が一を考えて返品が可能な公式サイトで購入をおすすめします。

なんて言ったって高価ですので・・・。

まぁ、結局のところ実際に試してみないと自分に合うのか合わないのかなんて分かりません。

こればかりは少しでも自分と近そうな人の意見をなるべく集めて決断するしかありませんね。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てられていれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

▼▼購入はエアウィーヴの公式サイトがおすすめです▼▼

エアウィーヴ 公式サイト

▼▼楽天、Yahoo、Amazonはこちら▼▼

この記事を書いた人
しょぼいサラリーマン
豆作

ゆっくりとできることを誠実に一歩ずつをモットーに毎日サラリーマンしています。

豆作をフォローする
おすすめしたい物・事
スポンサーリンク
豆作をフォローする
しょぼいサラリーマンが悠々自適を叶えるまで
タイトルとURLをコピーしました