【感想】旅猫リポート/元野良猫と青年の永遠の絆の物語

まめさく書店へようこそ。

まめさく書店では、僕こと、しょぼいサラリーマンの豆作(マメサク)が読んだ本をただ紹介する自己満足型のブログ書店です。

 

今回、ご紹介する本は有川浩著【旅猫レポート】です。

この本は、こんな人におすすめ。

  • 猫が好きな人
  • 人生を大切にしたい人
  • 日々忙しく生きていて、ちょっと疲れたなと思っている人

著者の有川浩さんは「阪急電車」や「図書館戦争」などで有名な小説家です。

 

「旅猫リポート」ってどんな話

瀕死のケガを負った野良猫が猫好きの悟に助けられたことをきっかけに、「ナナ」と名付けられて一緒に暮らし始めて5年、悟はある事情からナナを手離さないといけなくなってしまいます。

ナナを引き取ってもらうために銀色のワンボックスカーでナナと一緒に悟の旧友を訪ねる「旅」を始めます。

僕たちからすれば、猫の引き取り手を探すちょっとした旅行なのですが、この物語では、ナナと悟にとってはとても大切な「旅」なのです。

この物語はナナの「リポート」なので、ナナ目線の物語です。

ナナが「旅」を通して知った、ナナにとって大切なサトルを記録する絆のリポートなのです。

 

感想

ナナを手離さなければならないサトルの事情をナナは最初から理解しています。

サトルは本当はナナを手離したくないということもナナは最初から理解しています。

だから、このナナの引き取り手を探す旅行は答えの出ている旅行であり、だからこそ二人にとっては大切な「旅」だったのです。

薄々、悟の事情は読めてきますが、「そうなのかなぁ〜」と思い始めたところで、いきなりその事情がナナ達動物の感覚から読者に明らかにされます。

事情を知った上でのナナの気丈さが、僕の思う猫らしさと一致していて嬉しくも少し寂しい気持ちになりました。

この二人の「旅」は本当に大切な、かけがえの無い時間でした。

「もっとしっかりと生きないといけないなぁ」、「大切なことをちゃんと見ながら生きよう」と思わせてくれる、そんな心にしみる物語です。

ナナ、かわいいなぁ。

あと、ナナは意外と博識でロバート・A・ハイライン著「夏への扉」の猫のピートのことを知っていました。

「あっ!!僕も猫のピート知ってる。」って、ちょっと嬉しくなりました。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました